漢方薬「女神散(にょしんさん)」で、PMSの改善を。

近年、PMSという言葉が日本にも定着してきた模様です。

 

このPMSというのは、「月経前症候群」のことです。女性の多くは、月経に伴う不調を経験しますね。体に関する不調も、心に関する不調も含め、そういったツラい諸症状をこのように呼んでいます。
頭痛や腹痛、腰痛などの痛みや、体のだるさ、眠気、のぼせ、むくみ、肌荒れ。これらに加え、イライラしたり、泣きたくなったり、集中力が低下したり、などの精神的な症状もこのPMSに入るわけです。
こうした諸症状を、東洋医学における漢方の観点から改善するというのも、ひとつの手段でしょう。

 

西洋医学と違って、漢方では「体の冷え」というものを重要な要素と考えています。体の冷えによって、血の巡りや気の巡りが悪くなることが、自律神経を不安定にさせ、その結果、月経に伴う諸症状が悪化したりする、と関連づけて考えるのですね。
このようなPMSの中でも、のぼせやめまい、不安、不眠、動悸などの症状については、「女神散(にょしんさん)」という漢方薬が処方されることがあります。この「女神散」は、水分代謝と血行を改善する作用があります。

 

具体的な成分としては、当帰(トウキ)、川きゅう(センキュウ)、香附子(コウブシ)、蒼朮(ソウジュツ)、白朮(ビャクジュツ)、桂皮(ケイヒ)、黄連(オウレン)、黄ごん(オウゴン)、人参(ニンジン)、檳榔子(ビンロウジ)、丁子(チョウジ)、木香(モッコウ)、甘草(カンゾウ)、といった生薬が配合されます。
「女神散」は、月経にともなう諸症状以外にも、更年期障害や精神不安などに処方されることもあります。

 

服用にあたっては、甘草が配合されているため、他の甘草配合製剤との飲み合わせに注意することが必要です。また、胃腸の弱い方、あるいは胃腸の機能が低下している状態のときは、慎重に服用するようにします。
「女神散」という名前からして、女性に特化したお薬のような印象ですが、体質や症状によっては、男性に処方されることもある漢方です。