PMSの改善に漢方薬の桃核承気湯(とうかくじょうきとう)

PMSは、日本語で言えば月経前症候群と呼ばれ月経前に起きる体の不調の事を言います。
なぜこのPMSの症状が起きるのかは、原因がはっきりしていませんがプロゲステロンの影響や脳内物質の低下、ビタミンやミネラルの欠乏などが原因の一因だと考えられています。
PMSの症状は、便秘や頭痛、吐き気などの体の不調だけではなくイライラしたり鬱状態になったりなどの心の不調も起きます。
人により症状は異なり、その他にも多くの書状があり悩んでいる女性は多くいます。

 

PMSの症状の改善する漢方薬として桃核承気湯(とうかくじょうきとう)が用いられる事がよくあります。
漢方の桃核承気湯(とうかくじょうきとう)は、体内に溜まった熱を排便によって排出してくれる働きがあります。
特に生理前に便秘になる人や血行の悪い人には効果があります。

 

飲み方としては、桃核承気湯(とうかくじょうきとう)は、漢方薬ですから食事と食事の間の空腹時や食事の30分前に飲むと効果的です。
漢方薬には医師が処方する医療用と処方箋なしで購入できる一般薬の2種類があります。
医療用は原料の生薬のエキスを全量を用いる事が定められており、処方箋のいらない一般薬は生薬のエキスの50パーセントを使用していればいいので、初めて桃核承気湯を使う場合には、医師や薬剤師さんと相談して症状や体質に合わせた物の方が安心して飲む事が出来ます。
体質によっては、桃核承気湯が合わない人やそれ以外の漢方の方がいい場合もあります。

 

また漢方薬は、すぐに効果が出るものではなく効果が出るまで時間が掛かりますので継続して飲む事が大切です。
PMSの症状は、薬だけではなく、生活習慣を改善する事もPMSの症状で悩む人には大切です。
PMSの症状を感じやすい人には特徴があり、ストレスや緊張、疲労が蓄積されるとその症状は強くあらわれてしまいます。
その為、出来るだけストレスを感じないように運動や趣味などでストレスを発散しバランスの取れた食事を心掛ける事で症状は改善されます。