私は生理前になると、気持ちが変化するので、本当に困っています。

その変化と言うのは、自分でなんとかしたいと思っても、なんとかすることができないのです。そのため、いつもモヤモヤした状態になってしまい、心がどうかしてしまったと思って、悲しい気持ちになったりしています。

 

朝起きることが辛くなる
私の場合、そろそろ生理になるなとおもった時、体がだるくなってきて、朝起きることが辛くなってしまうのです。そのため、仕事にいくことも嫌だとおもったりします。それは、ホルモンバランスの関係なのかわかりませんが、そのように体がだるくなってしまうので、家族にも迷惑をかけることになっています。
自宅の掃除をすることも嫌になるので、家の中がホコリだらけになっていることもあります。
そのような状態を見て、いつもだったら、直ぐに片付けたい、掃除をしたいと思うのですが、そんな気持ちにならないので困っています。

 

感情の起伏が激しくなる
生理前になると、感情の起伏が激しくなるということがあります。それは、家族に対して、こんなことで怒ってしまったということもあります。そしてその後に、どうしたんだろうと思うと、ふと生理前だったと思うことがあるのです。
また職場でも、少しのことでも気になってしまい、神経質になっているところがあります。そして一緒に働いている人たちにも、ついそのいらいらをぶつけてしまうこともあるのです。

 

気分が落ち込みやすい
感情の起伏が激しくなることは、まだ元気があるのでいいのですが、私の場合は少しのことでも、私が悪かったと思って、気分が落ち込むことがあるのです。
その時には、なんとも言えない気持ちになり、自分自身が嫌になるとおもったりしています。
そしてそんな私の姿を見て、子供たちは最近では、生理前になると言うことを知るようになり、私に対して、そのようになることを当たり前という態度で接してくれるようになっています。
そのように家族の協力や理解がなかったら、ますます落ち込みが激しくなると思っているので、家族に対してはとても感謝をしています。

 

ストレスを感じやすい
仕事で嫌なことがあった時、普段の私だったら、そんなことは気にしないのにと思うようなことでも、気にするところがあります。そして仕事をすることが嫌になったり、ストレスの多い職場だなとしみじみと感じたりするのです。それはいつも、生理前に思ってしまうので、そのこともとても不思議な気持ちになっています。